FC2ブログ

中国料理講習会

学校行事
07 /26 2015
7月の行事第2弾は中国料理講習会じゃ!

ブログ担当 ミタです。

7月16日(木)には、中国料理講習会が本校で行われたんじゃよ。
中国料理といえば、「北京」「上海」「広東」「四川」と四大料理が有名じゃな。

その中でも、もっとも辛い料理が出てくるのが四川料理じゃ。
今回の講習会はこの四川料理を学ぶんじゃが、材料の一部を見てもらうと
豆板醤、豆鼓、干し貝柱、なまこ・・・
20150716_1_.jpg

講習会で料理を教えてくださるのは、中華の鉄人「陳健一氏」がオーナーを務める
東京・赤坂にある「赤坂四川飯店」の料理長 鈴木広明氏。
20150716_2_.jpg

赤坂四川飯店にある鈴木広明氏の紹介ページ

中国料理というとまず気が付くのは調味料の多さじゃと思う。
20150716_3.jpg

砂糖、塩、胡椒のほかにいろいろな調味料があって、あの美味しい料理へと
変わっていくんじゃな。

今回教わった料理は4品じゃが、四川料理の代表的かつ有名な料理といえば
麻婆豆腐じゃな!

『ホタテ貝柱の葱山椒炒め 翡翠仕立て』
20150716_4.jpg

『むきエビのチリソース』
20150716_5.jpg

『なまこの酸辛煮込み』
20150716_6.jpg

そして、陳麻婆豆腐。
20150716_7.jpg

調理作業をしながら、少しでも近くでその様子を見てもらおうと、鈴木先生は
鍋を持って学生たちの近くへ。
20150716_11.jpg

熱さ、色、匂いなど、近くで見ることで本場の麻婆豆腐を少しでも感じられたかの?

20150716_9.jpg

そして、今回鈴木先生の助手としてきたのが、今年3月に卒業した柴田君。
彼も鈴木先生の講習会を在学時に受けて、就職を決めた一人なんじゃ。
20150716_10.jpg

事内容や、就職してから大事なことなどを話してくれて、学生達にとっても
良い話が聞けたことじゃろうな。
これからもがんばってもらいたいと思う。


さて、次は西洋料理テーブルマナーの様子をレポートしようかのぅ。

[ブログ担当 ミタ]

東調広報部

東日本調理師専門学校のことを知ってもらうために、blog担当ミタ・広報担当イガラシで学校生活や行事などを掲載していきます。