FC2ブログ

夜間の授業…

夜間生の調理実習
02 /05 2016
今日のブログでは夜間生の授業風景をお伝えします。

さぁ、なにを作っているのでしょう…
IMG_5824.jpg

1) フードプロセッサーで回される魚介
IMG_5829.jpg

2) 付け合せのフライドポテト
IMG_5826.jpg

どこからかするいい香りは…   
このソースから!?
IMG_5834.jpg

焼かれるガレット!
IMG_5833.jpg IMG_5820.jpg

徐々に完成しつつある海老の香るソース!
IMG_5823.jpg

盛り付けられた料理。仕上げにムースが飾られ、いよいよ完成!
IMG_5839.jpg

≪イカのガレット アメリケーヌソース≫
IMG_5822.jpg


今回作っていた料理は、西洋料理の介護食でした!  
介護食というと日本料理のイメージが付きやすいですが、西洋料理でも
食べやすくする調理法を学ぶことで、美味しい介護食が作れるようになります。

夜間の調理実習

夜間生の調理実習
03 /30 2012
夜間生の調理実習は、西洋料理でソーセージを作りました。

中に詰める肉を切ることからはじめます。肉も細かく切る技術もお手の物です。
DSCF5174 - コピー

中身を良く練って、数人で協力してケーシングに詰めます。
ソーセージにかたどって、温度管理をしたお湯で茹でます。
DSCF5193 - コピー DSCF5192 - コピー DSCF5197.jpg
DSCF5203.jpg DSCF5204.jpg DSCF5215.jpg

茹でたてをこのまま食べても美味しいのですが、
皮をパリッと焼いて香りをつけてよりおいしく。
DSCF5227 - コピー

今回は、ソーセージとオニオングラタンスープを作りました。
DSCF5211.jpg DSCF5208.jpg


学生のコメントです。
Mさん「何気なくソーセージを食べていたけど、作るのに手間がかかってるんですね。」
Uさん「ケーシングに詰める時が、女の子の力だとタイヘン。でも、自分で作ると おいしい。」

今回も試食させていただきました。
手作りソーセージ とてもおいしかったです。
ごちそうさまでした。

夜間の調理実習

夜間生の調理実習
03 /27 2012
夜間生調理実習は、日本料理です。
和食の定番 筑前煮を作りました。

こんにゃくには、日本料理の技の一つ かくし包丁をします。
各々の食材の大きさを切り揃えること。
1年間学ぶと乱切り、かくし包丁、そぎ切りといった包丁さばきも完璧に出来るようになっています。
DSCF5145.jpg DSCF5146.jpg DSCF5139.jpg DSCF5143.jpg

食材ごとに下茹でをすることで、出来上がった時に同じ柔らかさにするんです。
ひとつひとつ 丁寧な仕込をすることで、素材の味を最大限に引き出します。
DSCF5158.jpg DSCF5152.jpg DSCF5123.jpg

炒めて、だしと調味料を数回に分けて加え、美味しい味に仕上げます。
DSCF5126.jpg DSCF5127.jpg DSCF5129.jpg DSCF5132.jpg

筑前煮の完成。
DSCF5136.jpg
煮物でありながら、出来上がりが一番美味しいんです。(日本料理担当:ニイノ)


DSCF5163.jpg
夜間生のコメントです。
『煮くずれしないようにするのが、タイヘンだった。』
『調味料を入れるタイミングがむずかしかったけど、上手に出来た。』

出来立てを試食させていただきました。
ごちそうさまでした。

夜間の調理実習

夜間生の調理実習
03 /12 2012
中国料理です。
大きな中華包丁も飾り切りをする時は、繊細な使い方をします。
細かく切る時は包丁をダイナミックに使います。二刀流でさらに細かく。
DSCF5010.jpg DSCF5036.jpg

たっぷりの油の中で油通しをした材料を、強い火力で一気に炒めます。
DSCF5060.jpg DSCF5063.jpg
油通しをすることで≪野菜はシャキシャキ感≫を残し、≪肉は旨み≫を封じ込めるので、
おいしい中国料理ができるのです。

生地も 中に入れる具も全て手作りです。上手に包んで、焼きます。
DSCF5043 - コピー DSCF5065.jpg DSCF5045 - コピー
DSCF5074 - コピー DSCF5068.jpg DSCF5076.jpg

四川料理を代表する『鶏のピリカラ炒め』 と
おなじみ『焼き餃子(手打ち)』の出来上がり。
DSCF5058.jpg

学生のコメントです。
 Aさん「餃子の包み方は、上手ではないけど、味は、うまい。」
DSCF5081.jpg


今夜も美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。



[広報担当 イガラシ]

夜間の調理実習

夜間生の調理実習
03 /10 2012
日本料理実習です。
市内で寿司店を経営する方を講師に迎え、寿司講習会をおこないました。

マグロ・サーモン・玉子焼きなど、色々なネタが揃っています。
DSCF4950.jpg DSCF4951.jpg DSCF4952.jpg

学生達は、寿司の握り方を覚えようと、
先生の手元に目が釘付けです。
DSCF4943.jpg

握り方は、手本の通り。
自分の分は、自分で握ります。
DSCF4968.jpg DSCF4969.jpg DSCF4970.jpg
玉子と軍艦巻き
DSCF4990.jpg DSCF4991.jpg DSCF4989.jpg

かっぱ巻きも作ります。
DSCF4960.jpg DSCF4961.jpg DSCF4962.jpg
DSCF4963.jpg DSCF4966.jpg DSCF4997.jpg DSCF4999.jpg

豪華! 一人前の完成です。
DSCF4984.jpg

学生のコメント。
 Iさん「ネタに対して、シャリが多くなってしまった。
     でも、とっても おいしい!!」
 Uさん「きゅうりずれてしまった。巻き方が難しかった。」
 Uさん「私のきゅうりは、真ん中にきた♪♪。」

作っている時も食べている時も 学生達は、とても楽しそうでした。

今回も試食できました。ごちそうさまでした。



[広報担当 イガラシ]

東調広報部

東日本調理師専門学校のことを知ってもらうために、blog担当ミタ・広報担当イガラシで学校生活や行事などを掲載していきます。